日本愛盲シール委員会の成り立ち

 視覚障害者の福祉及び教育に関係する団体の連絡協調と、国際交流を目的として設立された日本盲人福祉委員会でしたが、 資金不足のため、海外との連絡はもとより、国内での活動も充分にできないのが現状でした。

 そこで経済確立委員を設けてシール募金を始めることが決まりました。
これが現在の愛盲シール委員会です。

愛盲十字マーク

 1958年(昭和33年)、図案家・嵯峨山真氏がカタカナの「メ」を図案化した「愛盲十字」のマークを制定、 小磯良平氏の原画とデザインでシールが作成され、 全国の人々に協力を求める「愛盲シール運動」が始まりました。

 全国から寄せられた善意ある人々の賛助金を資金として、 日本盲人福祉委員会は1960年(昭和35年)に社会福祉法人として法人格を取得することができました。

 シールのデザインは、小磯良平氏から 日本画家の横溝環さん、 そして現在は 同じく日本画家の下口泉さんへと変わっていますが、 「愛盲シール運動」は毎年行われ、多くの皆さんのご協力で日本盲人福祉委員会の活動を支えています。

愛盲シールって何?

愛盲シールは視覚障害者の活動を支えるための募金活動のシンボルとして作られたもので、
協力してくださった方にお送りしています。

★ 赤い羽根みたいなもの?

そうですね。
共同募金の「赤い羽根」のように、日本中の人みんなに知ってもらいたいですね。

★ 愛盲シールは何につかうの?

封筒の封緘として作られましたが、みなさんのアイデア次第で自由に使ってください。

税額控除をご希望の方へ

当委員会へのご寄付は、特定公益増進法人に対する寄付として、一定の要件の下に税制上の優遇措置を受けられます。
個人は所得税控除または税額控除を、法人は法人税法により損金算入が認められている他、 お住まいの各地方自治体の条例によって個人住民税の寄付金控除の対象となります。

なお、寄付金控除を受けるためには当委員会の領収書を添えて確定申告をしていただくことが必要です。その際、税額控除をご希望の方は、「税額控除に係る証明書」もあわせてご提出ください。

「税額控除に係る証明書」(pdf形式)は こちらからダウンロードしてください。

お問い合わせ

「愛盲シール運動」へのご協力をお待ちしています!

「愛盲シール運動」について詳しくお知りになりたいという方には、活動内容等を紹介した『愛盲シール通信』をお送りいたしております。 下記問い合わせ先までお気軽にご連絡ください。

社会福祉法人 日本盲人福祉委員会

〒169-0051
東京都新宿区西早稲田2-18-2 日本盲人福祉センター2階
電話 03-5291-7885  FAX 03-5291-7886

E-mail : welblind@nifty.com
※ E-mailは、全角で表示されております。半角英数字に変換して送信ください。